入会説明会を開催します!

入会説明会を開催します!

【日時】

平成29年2月19日(日)13:00~15:00(受付12:30~)

平成29年3月19日(日)13:00~15:00(受付12:30~)

【会場】

森ノ宮医療学園専門学校4F401教室

大阪市東成区中本4-1-8

【説明会内容】

明日から使える!奇経治療の実際 講義・実技

聴講講義(経絡治療の優秀性 臨床の現場から)

入会説明

【参加申込方法】

お申込みはこちらまで toyoharikansai@yahoo.co.jp

件名に「入会説明会参加申込」とご記入の上、

下記をお知らせください。

1、氏名

2、住所

3、電話番号

4、学生の方は学校名、学年

お問合せも承ります。

担当 (一社)東洋はり医学会関西広報部 永田健一郎

 

 

認定アレルギー専門鍼灸師養成講座4月開講!説明会のご案内

認定アレルギー専門鍼灸師養成講座 説明会への参加方法

【対象となるアレルギー疾患】アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症

【参加資格】鍼免許または灸免許をお持ちの鍼灸師、鍼灸学校に在籍している学生の皆さん

【日時】 平成29年3月19日(日) 受付開始 9:30 / 説明会開始 10:00 / 終了 12:00

【場所】 森ノ宮医療学園専門学校 5F 501号教室
〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本4丁目1-8

【説明会参加申込方法】

件名に「認定コース説明会参加申込」とご記入の上、
メールアドレス: toyoharikansai@yahoo.co.jp に次の(1)~(5)をご送信下さい。
順次、受け付け完了のメールを送らせていただきます。
(1)ご氏名
(2)連絡先住所
(3)連絡先電話番号(携帯番号可)
(4)連絡先メールアドレス
(5)現在のご職業 / 学生の方は 学校名・学科名

【説明会スケジュール】
9:30 ~ 10:00 受付
10:00 ~ 10:10 認定アレルギー専門鍼灸師養成制度概要説明
10:10 ~ 10:15 申込方法説明
10:15 ~ 10:35 アレルギー疾患臨床の実際1
10:40 ~ 11:10 アレルギー疾患臨床の実際2
11:10 ~ 11:50 アレルギー疾患経絡治療デモンストレーション
11:50 ~ 12:00 質疑応答

【お問い合わせ】
本ホームページの「お問い合わせ」をご利用になるか
または toyoharikansai@yahoo.co.jp にメールして下さい

 



 認定アレルギー専門鍼灸師養成コース

アレルギー疾患を臨床に取り入れたい方に



経絡治療鍼灸専門家の育成に取り組んで36年、その傍らで現代医学では未解決の数々の難病疾患の研究を行ってきました。

昨年12月に一般社団法人に移行しましたが、これを機に難病疾患に対する治療法を公開することにしました。

その第一弾として、アレルギー疾患の鍼灸治療を公開します。





難攻不落と言われているアレルギー疾患に対する治療法を学びませんか?

それも世界に誇る日本鍼灸で。

日本鍼灸とは痛くない鍼と熱くないお灸による病気治しです。



私たちが指導します。

↓ ↓ ↓ ↓



 【なぜ今アレルギー疾患に対する鍼灸治療を学ぶ必要があるのか?】

先ずは次の記事を読んで下さい。

アレルギー 拠点病院整備へ 厚労省が初の基本指針案

毎日新聞

国民の約2人に1人がかかっているといわれるアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患。

2015年12月に施行されたアレルギー疾患対策基本法に基づき、厚生労働省は今月2日、対策の方向性を示す基本指針案を初めてまとめた。

全国どこでも科学的な知見に基づいた適切な治療が受けられるよう、拠点となる病院を整備することなどが柱だ。

症状をきちんと抑えることで患者が安定した生活を送れるよう、対策の具体化が待たれている。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161211/k00/00e/040/115000c#csidx0a992606f368591a1792832d0b4f73e Copyright 毎日新聞

この記事から読み取れることは、アレルギー疾患は国家レベルでの対策が必要なほどに患者数が上り、現時点では有効な手立てはなく社会問題になっているということです。

患者さんは治る治療法の出現を切実に待ち望んでいるのです。



【そして、ついに治療法を開発しました。】

それが(一社)東洋はり医学会関西方式による経絡治療における本治法・標治法・補助療法です。

本治法でアレルギー疾患を根本から治します。

標治法・補助療法でかゆみや皮膚炎などの症状を和らげます。



【この治療法を学ぶチャンスがここにはあります。】

それが認定アレルギー専門鍼灸師養成コースです。

平成29年4月16日に開講します!



【その前に、認定コース説明会を開催します。】

認定アレルギー専門鍼灸師養成講座 説明会への参加方法

【対象となるアレルギー疾患】アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症

【参加資格】鍼免許または灸免許をお持ちの鍼灸師、鍼灸学校に在籍している学生の皆さん

【日時】 平成29年3月19日(日) 受付開始 9:30 / 説明会開始 10:00 / 終了 12:00

【場所】 森ノ宮医療学園専門学校 5F 501号教室
〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本4丁目1-8

【説明会参加申込方法】

件名に「認定コース説明会参加申込」とご記入の上、
メールアドレス: toyoharikansai@yahoo.co.jp に次の(1)~(5)をご送信下さい。
順次、受け付け完了のメールを送らせていただきます。
(1)ご氏名
(2)連絡先住所
(3)連絡先電話番号(携帯番号可)
(4)連絡先メールアドレス
(5)現在のご職業 / 学生の方は 学校名・学科名

【説明会スケジュール】
9:30 ~ 10:00 受付
10:00 ~ 10:10 認定アレルギー専門鍼灸師養成制度概要説明
10:10 ~ 10:15 申込方法説明
10:15 ~ 10:35 アレルギー疾患臨床の実際1
10:40 ~ 11:10 アレルギー疾患臨床の実際2
11:10 ~ 11:50 アレルギー疾患経絡治療デモンストレーション
11:50 ~ 12:00 質疑応答

【お問い合わせ】
本ホームページの「お問い合わせ」をご利用になるか
または toyoharikansai@yahoo.co.jp にメールして下さい

 

みんなで一緒にこの技術を習得して、アレルギー疾患に悩み苦しんでおられる患者さんを救いましょう!

中野支部長 臨床講話「未来への扉」@入会説明会

28年9月に第一回目の入会説明会を開催しました。「未来への扉」と題して中野支部長に臨床講話をして頂きました。その動画を「入会説明会動画」ページにアップしました。経絡治療の限りない可能性を知ることが出来る驚くべき内容です。是非ご覧ください。(永田)

月刊「医道の日本」2016年9月号に中野支部長の論文掲載!

月刊「医道の日本」2016年9月号に我らが支部長 中野正得先生の論文が掲載されました!今月号は「脈診再入門」というタイトルの通り、一冊丸ごと脈診がテーマです。「脈診と鍼灸治療」という特集が組まれているのですが、その中で「東洋はり医学会の脉診流経絡治療」と題して中野先生が脉診(脈診)についてとても分かりやすく論文を書いておられます。症例も驚くほどの内容で臨床に徹しておられる中野先生だからこその内容だと思いました。まだ読んでいないという方はぜひぜひお読みください。(文責永田)
1609_hyoshi

1609_nakano

img021

特別講座「災害支援鍼灸師養成講座」開催

 2016年9月18日(日)9月例会後に中野支部長を講師として特別講座「災害支援鍼灸師養成講座」が開催されました。中野先生は現在、(一社)和歌山県鍼灸師会学術部長としてもご活躍なのですが、(公社)日本鍼灸師会からの要請を受けられ2016年7月に二日間の日程でJIMTEF災害医療研修ベーシックコースを受講されました。公益財団法人 国際医療技術財団(JIMTEF)主催の研修コースで災害医療に必要な知識を、鍼灸師を含め、理学療法士、言語聴覚士、栄養士、臨床心理士、作業療法士、柔道整復師、臨床工学技士、歯科技工士、臨床衛生検査技師の方々と一緒に研修して来られました。近年、東南海沖地震への備えが盛んに報道されていますが、中野先生が日本鍼灸師会を代表して他職種医療従事者の方々とこの研修コースを修了されたことは大変意義深く、また私たち東洋はり医学会関西支部員としても大変名誉に感じて嬉しいことでした。さらに今回はその経験を支部特別講座として支部員に還元していただいたのですからとても有難いことでした。
 今回の特別講座では、100名近い支部員が各班10名程度に分かれ、避難所運営シュミレーションゲーム(避難所HUG)を行ないました。実際に災害が発生し避難所の運営をしなければならない立場になった時、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対処すれば良いのか。避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードが矢継ぎ早に次々と読み上げられます。そのカードを避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか。その対応を班員で意見を出し合いながら模擬体験するゲームでした。
 次々と訪れる避難者たちや災害対策本部からの連絡事項に対応していくわけですが、本番を想定しているので恐ろしいスピードで次々とイベントが発生します。各自が判断をくだすのに許された時間は僅か1秒。1秒後にはもう次のイベントが発生します。しかもただの避難者ではなく、ペットを連れてるだとか、負傷者だとか、旅行中に被災した外国人の一団など。さらには明日炊き出しが来るのでその場所の指定、マスコミの取材対応、不衛生なトイレに対する苦情などなど。ゲーム時間は50分くらいだったでしょうか。私の頭はすでにパニック状態。実際の災害現場では長期間それ以上の状態になるのかと想像するとゾッとしました。
 しかし、このゲームを終えた時に感じたことは「このようなシュミレーションを経験しているか、いないか。実際の現場に立った時、その差は大きいだろうな」ということでした。今回、中野先生のお蔭でこのような貴重な体験ができました。ありがとうございました。(文責永田)
b0125487_17372978

img_2437

img_2433

臨床こぼれ話動画

毎月の例会で行われている臨床こぼれ話の編集動画をご紹介しています。

28年4月臨床こぼれ話 宮脇優輝先生

28年5月臨床こぼれ話 古野忠光先生

28年6月臨床こぼれ話 宮脇優輝先生

28年7月臨床こぼれ話 丸尾頼廉先生

セミナーを開催します。

b0125487_00432837.jpg

臨床家の臨床家による臨床家のための鍼灸セミナー『須磨セミ』を開催します!
これでもかというぐらい、朝から晩まで実技祭りです。

day1

b0125487_23511989.jpg
①宮脇奇経
②ナソ・ムノ治療(古野メソッド)
③子午治療とザン鍼・散鍼
④色々なお灸治療
⑤刺絡鍼法
⑥婦人科疾患の鍼灸治療
⑦懇談会(経営・開業について。美容鍼灸・スポーツ鍼灸。臨床質問会。他。)

day2
b0125487_17445435.jpg
①実践!経絡治療の診察診断から治療まで
②臨床家による公開臨床
③プチ講演各種

【主催】東洋はり医学会関西支部
【日時】2016年10月2日(日)~3日(月)
【場所】シーパル須磨(兵庫県)
【対象】鍼灸師。鍼灸学生(月曜日は学校ですのでday1(日曜日)のみの参加です。)
【費用】東洋はり医学会員30000円。会員外35000円。学生15000円
【申込問合】sumasemina@yahoo.co.jp
【締切】2016年8月31日

経絡治療をやってる人もそうでない人もすぐに実践できる再現性のある秘技を惜しみなく公開します。詳しくは、
https://youtu.be/SHY-zf4U7Do
をご覧ください。

経絡治療やってる人、経絡治療やったことない人、経絡治療やってた人、経絡治療やろうとしてる人、そんなことはどうでもよくて、純粋に鍼とお灸の話しを夜が明けるまでやりましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『須磨セミ』参加特典その① 宮脇奇
経治療が学べます。

奇経治療とは、手足の経穴をペアで使って症状をとる治療法です。
手一穴+足一穴のたった二穴だけで治療でき、しかも即効性にすぐれているのですが、その反面診察診断が難しいのがネックでした。

宮脇先生はお腹で奇経パターンを診察診断できることを発見されました。
これを奇経腹診と言います。
奇経腹診の完成によってコツさえ掴めば誰でも診察診断できるようになりました。
お腹という物理的な反応を対象とするからです。

奇経治療は、
ぎっくり腰等の救急法に使えます。
慢性疾患に必須です。
患者さんの自宅でのセルフケアに喜ばれます。
瞬時に症状が変化するので患者さんに希望を与えます。それが継続治療へとつながります。

奇経腹診の診方、八総穴の取り方、治療法を見せます。そしてやってもらいます。
この機会を最大限利用して宮脇奇経を習得してください。

宮脇優輝先生プロフィールhttp://miyawakihari.com/info.html

b0125487_00442897.jpeg
宮脇先生の講演実技は海外でも大人気。

『須磨セミ』参加特典② 「ナソ・ム
ノ治療(古野メソッド)」が学べます。

【ナソ治療】とは?
鎖骨上窩の欠盆穴を中心に、胸鎖乳突筋、斜角筋、顎下、後頚部の範囲を点字読みで「ナソ」と言います。
このナソ部に現れるコリを処置することで、中焦から上の疾患を改善することができ、これをナソ治療と言います。

認知症の治療と予防、上肢の痛みシビレ、五十肩、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群、腱鞘炎、消化器症状、眼疾患、首肩のコリ等に効果があります。

【ムノ治療】とは?
鼠径部、大転子、臀部までの範囲を点字読みで「ムノ」と言います。
このムノ部に現れるコリを処置することで、中焦から下焦の疾患を改善することができます。

下肢の痛みシビレ、腰痛、股関節痛、膝関節症、捻挫、外反母趾、痛風、水虫、子宮の病、卵巣の病、前立腺肥大、便秘等に効果があります。

講師の古野忠光先生は、ナソ・ムノ治療の大家で、先生の鍼灸院には、フットサルを始めプロのスポーツ選手が通っておられます。

ナソ部の欠盆穴等は禁鍼穴とされていますが、古代の中国人は、禁鍼穴は危険だが非常に効果も高いという意味でつけたようです。
軽微な鍼やてい鍼を用いれば安全に効果的に治療ができます。

ナソ・ムノ部の所見の取り方、処置の仕方を見せるだけでなく、実際にやってもらいます。

この機会にナソ・ムノ治療(古野メソッド)を自分のものにしてください。

【古野忠光先生プロフィール】
古野鍼灸院院長。
関西医療大学・関西医療学園専門学校非常勤講師。
東洋はり医学会関西支部理事長。

b0125487_00445057.jpg
ムノ治療を施す古野先生。

『須磨セミ』参加特典③ 色々なお灸
治療が学べます。
みなさん、お灸をなめていませんか?
お灸で治せる病気、お灸でないと治せない病気がたくさんあります。

講師の丸尾先生は、臨床歴50年の大ベテランで、鍼の技巧もさることながらお灸でたくさんの患者さんを救ってこられました。

あらためてお灸の威力を、見て、やって、感じてほしいです。


【丸尾頼廉先生プロフィール】
丸尾鍼灸院院長
協同組合兵庫県保険鍼灸師会元理事
尼崎市保険鍼灸師会元会長
東洋はり医学会関西支部相談役

b0125487_00453336.jpg
脉診(みゃくしん)中の丸尾先生。

『須磨セミ』参加特典④ 子午治療と
ザン鍼・散鍼が学べます。

【子午治療】とは?
痛む患部の流注が分かれば、その経絡に対して子午陰陽関係に当たる経絡の反応穴に鍼灸治療を施すと、わずか一穴だけで症状が緩和するという鬼のような治療法です。
子午治療ができるようになると、患者の上下・前後・左右・奥行という空間を自在に操ることが可能です。


【ザン鍼】とは?
古代九鍼のひとつです。
この特殊な鍼を使って頑固なコリをとっていきます。
またあらゆる瀉法に使えます。


【散鍼】とは?
虚体患者に用いて大変有効で気持ちのいい鍼の技法です。
気を巡らし調えるので気虚の肩こりに必須な技術です。

講師の小河先生による、子午治療のインパクト、ザン鍼・散鍼のコンビネーションを是非実際に受けられて実践してみてください。


【小河勝美先生プロフィール】
小河鍼灸院院長
森ノ宮医療学園専門学校元非常勤講師。
東洋はり医学会関西支部副支部長

(写真真ん中が小河先生です。)

b0125487_00461613.jpeg
女性スタッフオンリーの小河鍼灸院

『須磨セミ』参加特典⑤ 婦人科疾患
の鍼灸治療が学べます。


現在、婦人科疾患に対する鍼灸治療で悩んでおられる方、これから取り組みたいと考えておられる方、婦人科疾患に苦手なイメージがある方、分からないことは専門家に教えを乞うのが最短です。


講師は、国内再激戦区東京で、婦人科、産科、小児科領域の疾患を取り扱っておられる宮田あずさ先生です。

またマタニティ鍼灸師として、産前産後の母子のケアに心血を注いでおられます。


月経前症候群や月経困難症はどのように治療したらいいのか?
不妊症は?つわりや逆子や妊娠中毒症は?経絡は?ツボは?安産灸ってどこにするの?等々聞きたいこと知りたいことは一杯です。
今から箇条書きして参加しましょう。


【宮田あずさ先生プロフィール】
ノマド鍼灸院院長
東洋はり医学会関西支部聴講部長
安産灸ネットワーク会員

b0125487_00463802.jpeg
妊婦さんに熱くない気持ちのいいお灸。

b0125487_00465922.jpeg
キッズに痛くない気持ちのいい小児はり。

『須磨セミ』参加特典⑥ 夜は自由参
加の懇談会。
「経営・開業について」
「美容鍼灸・スポーツ鍼灸」
「臨床質問会」
「ただの飲み会」
等のお部屋を用意しています。
それぞれの目的や興味にあわせて各分科会を選んでください。


気軽に参加できるゆるーい懇談会ですが、思わぬお宝話が聴けるかもしれません。
私も今から楽しみです。

b0125487_20291091.jpeg

『須磨セミ』参加特典⑦ 刺絡鍼法が
学べます。

聖典 【霊枢】九鍼十二原(別名鍼経)に「宛陳すれば之を除け」とありますが、鍼やお灸では中々動きにくい経絡上の阻滞をダイレクトに動かし疏通させる治療法が刺絡鍼法です。

その効果は絶大で、僕も幾度も助けてもらっています。


【急性疾患】
打撲・捻挫・肉離れによる急性の腫れ痛み、膝の腫れやその他の関節炎、歯痛、咽喉痛、等々。


【慢性疾患】
脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・すべり症・頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア・頚髄症・変形性膝関節症・ヘバーデン結節・腫瘍等の器質的に変性した疾患、眼疾患、顎関節症、慢性化して動きにくい病、難病、奇病、等々。

ここには書ききれないくらい適応疾患があります。


刺絡をやる上で治療家を一番困らせるのが、細絡・血絡はどこに出現するのか?その中で同じような複数の細絡・血絡が現れた場合、どの所見から刺絡をして瘀血を放血すればよいのか?

今回の実技では、徹底的に細絡・血絡の探し方、最も影響力のある細絡・血絡の選び方を学んでいただきます。

コツさえ掴めば誰でも最も影響力のある細絡・血絡に的確に刺絡できるようになります。

是非この機会に刺絡のコツのコツのコツのコツを掴んでください。


講師は私、臨床ファンタジスタ中野正得が担当させていただきます。
私のプロフィール→
http://chuguin572.jp/profile/index.html

b0125487_14535440.jpg

 

b0125487_14551204.jpg

『須磨セミ』参加特典⑧ 実践!経絡
治療の診察診断~治療終了までが実習
できます。

よくある講師の実技を取り囲んで見る形式ではありません。
全員参加型の実習です。
少人数制の各班に分かれて、実際に患者をあげて、班員全員で経絡治療の診察診断を行い、証に基づいて本治法の鍼を打ってもらいます。

症状に応じてday1で習った標治法や補助療法も是非行ってみてください。

経絡治療をしたことがない人でも、指導講師が診方・触り方等を理路整然と解説しながら進めてくれるので安心して実習していただけます。
この機会に初めての経絡治療しちゃってください♪
ついでに一本の鍼で体を変えることができる感動を体験してください。
人生変わりますよ!

b0125487_19153589.jpg
<br
『須磨セミ』参加特典⑨ 経絡治療鍼
灸専門家による公開臨床が見れます。

<br

b0125487_17445435.jpg

関西支部が誇る臨床家が、診察診断~治療終了までを全部見せます。
経絡治療をやっている人は証決定や刺鍼時の細かい動作など、経絡治療をやっていない人は各自が繰り出す標治法や補助療法などが参考になると思います。
鍼灸臨床は実際に見てみないとわからないことがたくさんあります。
是非この機会に解決してください。

あさいはり治療所 院長 浅井輝昭 先生(東洋はり医学会関西支部学術部長)
b0125487_18242169.jpg
刺鍼技術や再現性は、その確かな脉診力に裏打ちされたものです。

森井鍼灸院 院長 森井弘武 先生(東洋はり医学会関西支部厚生部長)

b0125487_18280446.jpg
先生の、刺鍼の際の刺手と押手の妙を是非見逃さないように!

鍼灸一心堂 院長 永田健一郎 先生(東洋はり医学会関西支部広報部長)

b0125487_18303810.jpg

一本の鍼に一つまみの艾に真心を込めて施術される素敵な先生です。

三ツ川鍼灸院 院長 三ツ川雄一郎 先生(東洋はり医学会関西支部副広報部長)

b0125487_18313485.jpg

三ツ川先生は不妊鍼灸を専門にされています。
不妊鍼灸経絡治療を間近で見て学べるまたとない機会です!

『須磨セミ参加特典⑩ プチ講演プ
チ講座が目白押し!
プチ講演
①「ガン治療に対する経絡治療と奇経治療」宮脇優輝
②「坐骨神経痛に対する経絡治療」中野正得
プチ講座
①「皮内鍼・円皮鍼と金粒・銀粒の使い分け」古野忠光
②「美腹鍼」小河勝美

以上、須磨セミの魅力をたっぷりとお伝えさせていただきました。

あらためて、須磨セミでは何を学べる
か?

day1
①宮脇奇経
②ナソ・ムノ治療(古野メソッド)
③子午治療とザン鍼・散鍼
④色々なお灸治療
⑤刺絡鍼法
⑥婦人科疾患の鍼灸治療
⑦懇談会(経営・開業について。美容鍼灸・スポーツ鍼灸。臨床質問会。他。)
day2
①実践!経絡治療の診察診断から治療まで
②臨床家による公開臨床
③プチ講演各種

須磨セミでの研修を修了するとどうなるか?
①経絡治療をやっている人はさらに経絡治療のIQがUPします。
②経絡治療をやっていない人でも、疾患別の特殊治療が身につき、治療の引き出しが増え、臨床スキルがUPします。

その結果
昨日よくできなかった患者を明日からよくすることが出来ます。

さあ、須磨セミで私たちと一緒に生活も心も豊かな鍼灸師を目指して学びたいと思った方は以下のアドレスから申込んで下さい。
sumasemina@yahoo.co.jp

前回の須磨セミに参加して頂いたみなさんからの喜びの声
「急性、慢性にかかわらず腰痛に対処できるようになった。」
「苦手だった五十肩の治療に困らなくなった。」

「奇経治療、どうしてあんなに膝痛に効くの!?」

「最後に残った症状をどうしても取りきることができず、苦労していましたが子午治療のお陰で最後の仕上げが楽になりました」

「ザン鍼のお陰で頑固な肩こりが取れるようになりました。」

「患者さんに散鍼すると、気持ちがいいと喜んでくれました。」

「あれだけのお灸のやり方があれば鬼に金棒です!」

「安産灸で母子ともに超健康です。」

「先生方からたくさんいい気をもらえたような気がします。」

「須磨の海岸がキレイで心が洗われました。」

今回もみなさんに喜んでいただけるように、みなさんの患者さんに喜んでいただけるように精一杯、力の限りワザをお伝えさせていただきます。

【主催】
東洋はり医学会関西支部
【日時】2016年10月2日(日)~3日(月)
【場所】シーパル須磨(兵庫県)
【対象】鍼灸師。鍼灸学生(月曜日は学校ですのでday1(日曜日)のみの参加です。)
【費用】東洋はり医学会員30000円。会員外35000円。学生15000円
【申込問合】sumasemina@yahoo.co.jp
【締切】2016年8月31日
経絡治療やってる人、経絡治療やったことない人、経絡治療やってた人、経絡治療やろうとしてる人、だなたでも大歓迎!

須磨で会いましょう!!!
sumasemina@yahoo.co.jp

 

2016年7月支部特別講座開催

image image7月例会後に支部特別講座が開催され講師に森ノ宮医療学園専門学校鍼灸学科長の松下美穂先生をお迎えしました。「スポーツ障害のみかた」という演題で約一時間にわたり講演と実技をしてくださいました。スポーツ障害を診るためのポイント、要因、評価の仕方、要注意な徴候などについて、とても分かり易くお話しいただきました。松下先生のご専門の解剖学の立場から、安全でより積極的な治療を行うためには解剖学的構造をよく理解する(イメージできる)ことが必要とのお話しには大いに納得しました。実技では刺鍼ポイントとして筋繊維ではなく、それらを包む筋膜にアプローチすることを教えていただきました。明るいお人柄で鍼灸に対する熱いハートをお持ちの先生でした。松下美穂先生、ありがとうございました。(文責 永田)